学術活動

「現状に満足することなく、さらなる診療の質の向上をめざすためには、常に新しい情報に接することが重要です。そのために積極的に学会や研究会に参加しています。また、自己研鑽の意味も含めまして、当院での手術成績などを発表するように心がけています。」

2020.10.13

2020年6月/Otology & Neurotology

【原著論文】Interlay Myringoplasty With Anterior Subannular Grafting Technique for                             Anterior and Subtotal Perforations.                                                                                 Otology & Neurotology 41:791-794,2020
      

2019.12.25

2019年11月/日本耳科学会・学術講演会【山形】

【パネルディスカッション】
 術後の運命は処置で変えられるか ‐術前後の耳処置とそのキーポイント-
 術後移植片トラブルへの対処法

2019.12.25

2019年8月/Monthly Book ENTONI

【著書】 “みみ・はな ”私のday & short stay surgery ‐適応と限界‐  
    開業医の鼓室形成術・アブミ骨手術
    MB ENT 235:33-39, 2019

2019.08.02

2019年7月/耳鼻咽喉科短期手術研究会【福岡】

【講演】耳鼻咽喉科外科診療でのコーンビームCTの活用術

2019.08.02

2019年5月/日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会【大阪】

【発表】 広範囲鼓膜炎を合併する慢性中耳炎に対するsubannular grafting sandwich法による鼓膜形成術の有用性

2019.04.02

2019年1月/耳鼻と臨床

【原著論文】骨性病変を伴った中耳真珠腫症例の検討.
      耳鼻と臨床 65:5-10,2019

2018.11.08

2018年10月/日本耳科学会・学術講演会【大阪】

【発表】Anterior subannular grafting を用いたsandwich法による鼓膜形成術の特徴

2017.11.28

2017年11月/日本耳科学会・学術講演会【横浜】

【発表】Anterior subannular grafting を用いたsandwich法による鼓膜形成術

2017.11.28

2017年11月/第14回大阪サージフォーラム【大阪】

【講演】Short Stay 手術 ーその決断から実現まで、そして今ー

2017.09.05

2017年9月/第1回静岡地区耳鼻咽喉科3D断層画像研究会【静岡】

【講演】コーンビームCTを活用し外来診療の高度化を図る

1 2 3 4
Tel.092-531-0281